2016年10月18日

好むと好まざると。

ボブ ディランの曲に最初に出会い衝撃を受けたのは、
歌舞伎町の道端で買った「Highway 61 Revisited」の カセットテープ。
僕はまだ小学生だった。たぶん自分の天パーの髪の毛を受け入れられたのも、
TSエリオットに夢中になったのも、ラップが好きなのも、ギター好きなのも、全てディランの影響だ。
ディランが創造する世界はいつも直感的で、研ぎ澄まされていて、疾走感に溢れ、リリカルである。
そんな表現に今も憧れている。

ディランの作品は文学だ。音楽が続く限り。

20161020.jpg

posted by planus at 00:00| 気になるサイエンスNEWS